【クリスマス・クロニクル】のサンタは渋くてカッコいいぞ、カート・ラッセル!

街のイリュミネーションとともに、テレビでも映画館でもまた最近ではNetflixでもクリスマスの雰囲気が満載です。そんなときカート・ラッセルがサンタクロースを演じると知ったら、ちょっと興味が出てきませんか? そうです、若いときはアクション映画に出まくっていた「あの」渋いカート・ラッセルです。「またクリスマス映画かよ」というため息を引っ込めて、子供たちだけのものではない場面もきっと楽しめると思います。

製作国:Netlix アメリカ
公開:2018年(日本公開:2018年)
監督:クレイ・ケイティス
脚本:マット・リーバーマン
キャスト:カート・ラッセル、ダービー・キャンプ、ジュダ・ルイス

クリスマス・イブの夜、兄妹はサンタクロースを捕まえようと…

ケイト(ダービー・キャンプ)とテディ(ジュダ・ルイス)は看護師の母親との母子家庭の子どもたちです。クリスマス・イブに母親が仕方なく急な夜勤に出かけ、兄妹はふたりだけで夜を過ごさなければならなくなりました。

ケイトの発案で今年はサンタクロースをビデオに撮ってやろうということになり、二人は仕掛けを作って待ちましたが…ひょんなことからサンタクロースを死ぬほど驚かせてしまいます。そのせいでソリが外れ、トナカイは逃げてしまい、おまけに今夜中に配らなければならないクリスマスプレゼントまで落としてしまいました。それどころか、サンタの魔法を使える帽子まで行方不明です。さあ大変、夜明けまで二人はサンタクロースとエルフたちを助けて、クリスマスをいつものように世界に届けなければなりません。そして…。

もちろん兄妹はそのまま思いがけないアドベンチャーに出かけることになりますが、その前に。

クリスマス映画ではよくあることなのですが、この家族には父親(他の映画では母親)がいません。毎年のホームビデオの中では仲睦まじい夫婦と年ごとに成長していく子どもたちの幸せそうな姿が映されていますが、今年はそうした「幸福な家族」としてのイメージからは外れているのです。まず働き続けてクリスマスの飾り付けさえ終えることができない母親と、またサンタにビデオレターを送ろうとする幼い妹、サンタなんぞ信じていないけれど、それでも妹に「いない」とは言えない優しさを持つちょっとふてくされた不良っぽい兄。

なんだかどこかで見たようなストーリーでこの映画は始まります。

ところが、そのサンタクロースが登場したことで、ガラリと様相を変えてしまうのです。カート・ラッセルのせいで。

サンタクロースにセックスアピールをつけ加えちゃったカート・ラッセル

カート・ラッセルと言ったら、わたしの覚えている限りでは「男臭い」「渋い」役ばかりで、若いころは軽々とアクションをこなしていた俳優です。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編にも登場していましたね。

その彼のサンタクロースは、太ってもいないし髪もヒゲも白髪交じりの銀髪です。服もただのサンタ服ではありません。なんと赤いレザージャケットに黒の皮手袋。あの特徴ある笑い「ほーほーほー」も「あんなのはウソだ」と一蹴してしまいますし、どうも今までのサンタクロースのイメージとかなり違います。

それどころか、急いでいるとは言え車を盗んで警察に捕まり、ブタ箱の中では他の囚人たちと一緒に歌いだします。それも、まあよくあるクリスマスソングなどではありません。カート・ラッセルがあんなふうに歌の上手い俳優だとは、全く知りませんでした。わたしの口はまさに「ぽかん」と開いていたと思います。サンタクロースの男臭さむんむんのセックスアピールです。なんとまあ。

この「Santa Claus Is Back In Town」のカート・ラッセルの歌が欲しかったのですが、iTunesにもSpotifyにもオリジナルソングしかありませんでした。残念。

 

プロデューサーは「ハリー・ポッター」で有名なあのひとだった

「クリスマス・クロニクル」はカート・ラッセルの映画です。彼がいたからこそ、ほかのサンタ映画とは一線を画するものになったのでしょう。

というより、彼をサンタクロースに抜擢するなどというとんでもないアイデアを抱いたのはどこのどいつだ、と思いましたが、それは脚本家・監督としても有名な映画プロデューサー、クリス・コロンバスでした。彼の製作者としての腕前は「ハリーポッター」シリーズ、そして「ナイト・ミュージアム」シリーズでも有名ですね。

子どもたちだけに見せておくのはもったいないので、まだNetflixを持っていないひとはさっそく登録しましょう。大人も子供も楽しめるクリスマス映画というのは、まさにこの映画のことだと思います。

 

オススメ度
★★★★☆
カート・ラッセルの魅力が全編にわたって繰り広げられているので、ただの夢のようなクリスマスストーリーだと思ったら大間違い。サンタクロースのセックスアピールが見られる唯一の映画。

 

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア某私立高校日本語・フランス語教師、休暇はほとんどタイの首都滞在。英・独(スイス訛りあり)・仏の多国語遣いですが、一番得意なのはもちろん日本語。ツイートとブログと料理と映画でストレス解消中。映画は基本的に独りで観るのが好きです。映画鑑賞の記録はコチラから。